eせいゆう住宅のリフォーム第2弾!

覚えていますか?事務所は10年間変わらず、ようやくリフォームをすることができました。

まず、現場をスタートするにあたっては、何より、信頼できる大工さんの確保が大切です。というのも、木工事を行う場合大工さん次第で現場は決まります。特にリフォームは何年も前に建った建物の劣化を見つけるところからスタートするわけです。劣化をそのままにしておいてはリフォームの意味がありません。

特に、普段見えない、天井裏、壁の中、床下は意外と劣化していることが多いのです。また、リフォームしたい内容によって現状とリフォームの完成とを摺合せ、造作していかなければなりません。職人さんにとって、リフォーム現場の現状を踏まえたミリ単位の指示こそ必要な仕事の要素なのです。

ここまで熱く大工さんの話をしてしまいましたが、今日はまず、『リフォームを始める前の荷物の処分について』少しお話ししますね。写真でもご覧いただいた通り、

 

草津の不動産売買専門店

eせいゆう住宅リフォーム第3弾!

関連記事

  1. eせいゆう住宅リフォーム第3弾!

    まず、現場をスタートするにあたっては、何より、信頼できる大工さんの確保が大切です。というのも、木工事…

  2. eせいゆう住宅の事務所リフォーム!

    eせいゆう住宅の事務所リフォームしました!築10年にもなると、クロスや床タイルの汚れが目立ち以前から…

PAGE TOP